最近、会社に色とりどりのフルーツを持参していると友人が言った

大企業に勤めている私の友人がちょっとしたストレスを発散する方法を教えてくれました。
それは、職場のパソコンの周りに、カラフルなフルーツを置くことなんだそうです。
りんご、バナナ、オレンジ、イチゴなど、そのまま、置くそうです。
フルーツのカラフルな色を見ているとストレスが飛んで行ってやる気がでるそうです。
そして、小腹が空いたときに、そのフルーツを食べるんだそうです。
以前はおやつにせんべいやクッキーを食べて、激太りしてしまったそうなんですが、このフルーツでのストレス解消をしてから、体重が減ったそうです。
フルーツは体にもよいし、ストレス発散とあわせて、一石二鳥ですね。
そして、多分、風水的にもカラフルな色は運気が上がると昔きいたことがあるので、友人の運も上がっているのではないかと思われます。
ただ、一つ心配なことがありました。
それは、フルーツをデスクに直置きして上司に怒られないのかということです。
友人いわく、上司も友人を見て、なかなかいい考えだねと言って、バナナなどを置き始めたそうです。
よい上司に恵まれて友人は幸せだなあと思いました。http://www.abateofutah.org/

最近、会社に色とりどりのフルーツを持参していると友人が言った

1966時先イングランドの敗退はいつもの法則だ

ユーロ2016の凖々決勝でイングランドが誠に弱小国アイスランドに敗れたと知って、ちょっとと思ったのですがまたかとも思いました。
1966ご時世W杯イングランドビッグイベントでの優勝以降、インターナショナル肩書きにそれほど手が届かないイングランドでしたのでそれがいつものトレンドだったからだ。
英のユーロ退却の作用も少々はあるかもしれませんが、何とか何でも人口30万人程度の小国アイスランドに負けたとなっては、単純に恥として、かつ世紀の大番狂わせとしてサッカー史に刻まれてしまうことは避けられないでしょう。
そうするとブラジルビッグイベントで群衆ステージを敗退しながらなんだか責務も取らずに指揮の座に居座り続けていたホジソン氏も辞任しなければならないですから新指揮がやってくるのを待つのが楽しみです。
こういうパフォーマンスを聞いて特に喜んでいそうなのが、2ご時世前のW杯ブラジルビッグイベントで7対1という大差でしかもTOPでドイツに敗れ指揮の座から去った元ブラジルリーダー指揮スコラリ氏ではないかと思いました。クレジット カード amex

1966時先イングランドの敗退はいつもの法則だ